特定の状況やストレスによって引き起こされる適応障害

このエントリーをはてなブックマークに追加

ストレスを撃退しよう

胸を押さえる人

精神的なストレスが原因

適応障害とは、ある特定の状況や出来事がストレスとなり、それにより精神的に不安定になったり、体調不良などの症状が起こる障害です。環境に適応できない、ということが大元の原因で、人によりストレスは様々です。その人の価値観や常識・環境などが自分と周囲で大きくギャップがあり、適応しようと努力をしても適応できないことで体調に現れます。結婚や転勤などで新しい職場に行ったりすることで、適応障害の症状が現れることもあります。うつ病に似ている症状もありますが、適応できないフラストレーションは時にイライラしたり物を投げたりして暴力的になる人もいます。ストレスとなる状況や出来事ははっきりしていることが多い為、原因をつきとめて原因となるものから離れたりすることで症状が改善する場合もあります。それでも症状がひどい場合は、病院を受診して治療やカウンセリングなどを受ける必要があります。適応障害の症状は様々ですが、精神面や情緒面では、憂鬱・不安・怒り・悲しみ・焦りなどの症状が現れます。

ストレス源を見つけて治療

体の症状は、不安や緊張からくる動悸や発汗・めまい・頭痛などがみられることがあります。行動面において、暴力的になる・暴飲暴食・会社を無断で休む・けんか早くなるなど、攻撃的な面が出る人も見られます。うつ病では、ストレスの元から離れても精神的不安感や倦怠感などが長く継続しますが、適応障害の場合は、ストレスの元から離れると症状が改善するという特徴があります。例えば、会社や仕事面でのストレスがあって普段は憂鬱や不安などで体調も悪いことがあっても、休日になると不調だった面が改善されることがあります。適応障害の治療では、病院などで行うカウンセリングが効果があるとされています。病院では薬物療法なども行いますが、対処療法が多く、根本的な面での治療はうまくいかない場合があります。専門的な病院などでのカウンセリングを受け、ストレスの源である周囲の環境などを整理して調整していくことがこの病気では一番に求められると考えられています。本人の適応能力を高め、ストレスがかかる状況にいかに対応するかが重要になってきます。

無理を続けると体に悪い

横になる女性

快適な生活を行うには自分にふさわしい環境が必要ですが、今おかれている場所が自分に合わないといったときは適応障害を起こす場合があります。 適応障害は本人を苦しめますが、心療内科や精神科の病院で治療をすれば治る病気です。

もっと見る

病気の治療をするなら

病院

適応障害とは非常にストレスとのつながりが深い病気となっています。ストレスに上手に対応をすることができない場合に発症することが多くなっていますが、病院を受診するときには精神科を選ぶようにします。ここでは問診が中心となっています。

もっと見る

日頃のストレスが原因

頭を押さえる女性

適応障害という病気があります。原因がストレスであるということがわかっているので、病院でもほかの精神疾患と比べて診断することがそれほど難しくありません。病院では診断所見や基準と照らし合わせて判断されています。

もっと見る

症状の現れ方

看護師

適応障害はストレスの原因を突き止めて治療が行われています。病院では、主治医が話の聞き役になることが多くなっています。日常生活では食事などの体調管理や趣味などの気分転換をすることが有効な治療方法となっています。

もっと見る

病気とストレス

カウンセリング

適応障害はうつ病との区別が難しくなっています。病院では同じように診断されることもあります。しかし適障害はストレスとの関係が強くなっているので、これを取り除くことができれば、症状が改善するようになっています。しかしうつ病の場合は環境が変わっても気分が晴れることがありません。

もっと見る

Copyright © 2016 特定の状況やストレスによって引き起こされる適応障害 All Rights Reserved.