特定の状況やストレスによって引き起こされる適応障害

このエントリーをはてなブックマークに追加

病気とストレス

カウンセリング

体からのサイン

適応障害という病気があります。これは環境が大きく変化することで、その環境に上手に適応することができずに、体にさまざまな症状が現れるようになっています。そこで気になるのが適応障害の際に体に現れるサインとなります。具体的にはどのような症状が現れるようになっているのかというと、抑鬱気分や不安や怒りや焦りや緊張というような情緒に関する症状があります。また現在置かれている状況の中で、何か計画をすることができないと感じることもあります。行動面でも症状があります。それはアルコールをたくさん飲み過ぎたり、無断欠勤や危険な運転やケンカなどの攻撃的な様子が見られるようになっています。子どもでも適応障害が現れることがあります。それは赤ちゃん返りが見られることがあります。不安が強くて緊張が高まってくると、汗をかいたりめまいなどの症状が現れることがあります。これが体に現れるサインとなっています。環境の変化がありこれらの症状が体に現れたときには、適応障害の可能性があると考えるようにします。

注意しなければいけない点

適応障害は、病院でもうつ病との区別がつきにくいと判断されることがあります。最終的にうつ病として病院で診断されることがあります。しかしこの病気の場合にはストレスの要因から離れると、症状が改善することが多くなっています。この点をしっかりと理解しておきます。仕事の問題がストレスの要因となっている場合には、仕事に行く日は憂鬱で不安が多くなってしまいます。しかし休みの日になると、憂鬱な気分も少し楽になることがあります。しかしうつ病の場合は環境が変わっても気分が晴れることはありません。憂鬱な気分がずっと続くことになります。これがうつ病との違いとなっています。病院で診察を受けるときには、自分の体に現れている症状を説明する形となりますが、持続的な憂鬱気分や興味や関心がなくなった入り食欲の低下が見られるときには、うつ病と病院で診断される可能性が高くなっています。ストレスの環境から抜け出せない状況の場合には、症状が慢性化することもあります。この場合はカウンセリングが行われ、それによって状況に適応する力を身につけるというような治療が行われています。

Copyright © 2016 特定の状況やストレスによって引き起こされる適応障害 All Rights Reserved.