特定の状況やストレスによって引き起こされる適応障害

このエントリーをはてなブックマークに追加

日頃のストレスが原因

頭を押さえる女性

ストレスが原因となって発症する病気はたくさんあります。その中で最近よく耳にするようになったのが適応障害になります。これはどのような病気となっているのかというと、環境の変化がきっかけで、それに適応することができずに、ストレスによって体にさまざまな症状が現れることとなっています。日常生活の中では、結婚や引っ越しというような環境の大きな変化が原因となっていることが多くなっています。しかしここで注意をしなければいけないことがあります。環境の変化は誰でもとまどってしまうものです。心身に不調が現れたときにはすべてが適応障害ということはありません。少し調子を崩す程度であればそれは生理反応として考えるようにします。しかし生理反応なのか病気であるのかの判断は、病院で専門医に診てもらうようにします。病院は精神科を受診するようにします。病気の早期発見や早期治療に繋げるために、セルフチェックをすることもできます。病院では診察所見や診断基準と照らし合わせて判断されるようになっています。

自分でネット上のセルフチェックを利用することもできます。これらは医師が監修しているものが多いため、安心して使うことができます。適応障害のセルフチェックにおける診断基準は次のようになっています。はっきりと確認をすることができるストレスに対して、そのストレスを感じてから3ヶ月以内に行動面などでの症状が現れたかどうかです。またこれらの症状や行動に関して、社会的や職業的な領域の中で機能の重大な障害が見られるというようなことがあるかになります。この病気は発症の原因がはっきりとしています。ほかの精神疾患の場合には原因があまりよくわからないということが多くなっています。しかし適応障害は、環境に適応することができないというのが根本にあります。その環境に対して本人が大きな苦痛を感じていることになるので、本人も自覚をすることができます。ストレスを引き起こす因子に関しては、入社や転勤、引っ越し、このほかには結婚や離婚などの環境変化で生じています。

Copyright © 2016 特定の状況やストレスによって引き起こされる適応障害 All Rights Reserved.