特定の状況やストレスによって引き起こされる適応障害

このエントリーをはてなブックマークに追加

無理を続けると体に悪い

横になる女性

生活環境の影響を受ける

私たちはいろんな環境の中で生活をしているわけですが、その人によっておかれている立場は違ってきます。 人生の転機でもある結婚は、新しい家族が増えるので幸せなことですが、実際に新たな家庭を築く上で様々なことが待ち受けています。 結婚生活を行うのに、旦那の親と同居するパターンがあります。 実の親でも一緒に生活しているといろんなトラブルが起こるのに、相手が他人なら言いたいことも言えず我慢をしてストレスとなります。 他人が一緒に生活をする同居は、お互いがどこかで遠慮しながら付き合っていかなければならないわけです。 結婚をする前は同居のあり方がわからなくても、実際に体験してはじめてその大変さを知ります。 でも一度入った世界ですから、離婚をしない限りはどんな時もその場所で共に過ごすことになります。 そんな環境の中でうまくやっていければよいですが、人間関係や金銭面で問題が生じることが多々あります。同居している家族と自分の考えが噛み合わず、ストレスとなって蓄積することも出てきます。

自分に合わない生活

人はどんなときもベストな生活を行いたいと考えていますが、現実はこんなはずではなかったという事態になることがあります。 そのことがあてはまるのが結婚生活であり、相手の親と同居する場合いろんなことが起こると言われます。 精神的にタフで人間関係をうまくやっていける人ならよいですが、器用な人ばかりではありません。 自分をうまく表現するのが苦手な人は、ストレスを抱え込むばかりで精神的に病んでしまいます。 そんな環境で生活をしている人がかかりやすい病気に適応障害が挙げられます。 適応障害は、今おかれている場所が自分に合わず心身に影響をきたす病気です。適応障害の主な症状に落ち込みや気力の低下、不眠といったことが起こりますがけして治らない病気ではありません。 病院で治療を行えば、適応障害は治ります。 適応障害で病院を受診する場合、どこの病院へ行けばよいかについては主に心療内科や精神科が適しています。 人によっては心療内科や精神科の病院へ行くことに抵抗を感じる人もいますが、自分だけが適応障害になるわけではないですから恥じることはないのです。

Copyright © 2016 特定の状況やストレスによって引き起こされる適応障害 All Rights Reserved.