特定の状況やストレスによって引き起こされる適応障害

このエントリーをはてなブックマークに追加

症状の現れ方

看護師

環境の変化は人間の心と体に大きな影響を与えているということがわかっています。それによって体調を崩すというのも決して珍しいことではありませんが、適応障害という形で現れることがあります。これはほかの精神疾患と比べて原因がストレスであるとはっきりとわかっている病気となります。環境の変化に適応をすることができないということで、結婚や昇進というような自分にとって有益なことに関しても、体に不調が現れるようになっています。この病気は生理的反応と考えることができます。しかし注意をしなければいけないことがあります。それは身体症状を伴っている場合です。この場合には胃痛や倦怠感などの症状があります。病院で医学的所見に対して検査をする必要があります。心身症として身体疾患の治療を並行して行わなければいけません。適応障害で心身症を合併しているという場合には、精神症状も重い傾向があります。したがって病院では、精神科と共同で診療を行うことが多くなっています。適応障害では症状を3つに分けることができます

適応障害の可能性があると考えられる場合には、病院で診察を受ける必要があります。このときに受診するのは病院の精神科となります。診断に関しては、ほかの精神疾患とは少し異なります。日常生活の中のストレスの症状が出た後に、1ヶ月から3ヶ月という短い期間で精神症状や身体症状や問題行動が現れるようになっています。そして学業や仕事というような社会生活が困難になっています。日常的なストレスとの関係がはっきりしているという特徴があり、精神疾患や定型的なストレスとの関係がありません。症状が軽く抑えられる傾向にあります。病院ではどのような治療法が行われているのかというと、ストレスの原因をしっかりと突き止めて、負荷を減らすための環境を整えていきます。これが治療の基本となります。したがって入院をしなければいけないということはありません。体調管理や気分転換などを行います。自分でストレスを認めて、その状況を周りの人にわかってもらうようにします。主治医に話を聞いてもらうのも有効な方法です。

Copyright © 2016 特定の状況やストレスによって引き起こされる適応障害 All Rights Reserved.